その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

カルト

好きな映画『サスペリア』

好きな映画の紹介でも。今回はダリオ・アルジェントのオカルトホラー「サスペリア」 「決して一人では観ないでください…」を謳い文句に「エクソシスト」「オーメン」と共に70年代オカルトブームを牽引した伊製ホラーの代表格。以下はあらすじ。 ヨーロッパの…

好きな映画『ビッグ・リボウスキ』

好きな映画の紹介でも。今回はコーエン兄弟の最高傑作「ビッグ・リボウスキ」 金なし、職なし、やる気なし。全てにおいて怠惰な男たちが奏でる、ふやけたスパゲッティのごときダメダメヒューマン狂想曲。以下はあらすじ。 無職で気ままに暮らす“デュード”こ…

好きな映画『悪魔の植物人間』

好きな映画の紹介でも。今回はジャック・カーディフの「悪魔の植物人間」 「黒水仙」でアカデミー撮影賞を受賞した、元撮影監督のジャック・カーディフが送るカルトホラー映画。以下はあらすじ。 大学教授で科学者のノルター教授は、生物の神秘に魅せられる…

好きな映画『バタリアン』

好きな映画の紹介でも。今回はダン・オバノン初監督作品「バタリアン」 あつかましい中年女性に対する蔑称として、89年度の流行語大賞になった造語「オバタリアン」の由来として有名な(内容は全く関係ない)傑作スプラッターコメディ。以下はあらすじ。 ロス…

好きな映画『ブルーベルベット』

好きな映画の紹介でも。今回はデヴィッド・リンチの「ブルーベルベット」 牧歌的な田舎町の美しさと、その背後に蠢く闇…公開直後、そのセンセーショナルな内容が物議を醸した問題作にして、その後のリンチの作風を決定づけた記念碑的作品。以下はあらすじ。 …

好きな映画『スカーフェイス』

好きな映画の紹介でも。今回はブライアン・デ・パルマ×アル・パチーノが送るバイオレンス・ピカレスクロマンこと「スカーフェイス」 一人の男の頂点と転落、そして暴走を描いた本作の内容は、アメリカのギャングスタ・ラップ界においてカルト的人気を誇り、…

好きな映画『ロッキー・ホラー・ショー』

好きな映画の紹介でも。今回はジム・シャーマン × リチャード・オブライエンが送るカルトロックミュージカル「ロッキー・ホラー・ショー」 カルト的要素の共通や、発表された時期が重なったことで「ファントム・オブ・パラダイス 」と併映されることも多かっ…

好きな映画『ブレードランナー』

好きな映画の紹介でも。今回はリドリー・スコットの代表作「ブレードランナー」 フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作とする近未来を舞台にしたハードボイルドSF。その退廃的かつ斬新なヴィジュアルイメージは、ブレ…

好きな映画『ファントム・オブ・パラダイス』

好きな映画の紹介でも。今回はデ・パルマのカルトロックミュージカル「ファントム・オブ・パラダイス」 映画秘宝編集長・町山智浩がオールタイムベスト10の一本に挙げた、ブライアン・デ・パルマ初期の傑作にして最高傑作。オペラ座の怪人をロックミュージカ…

好きな映画『イレイザーヘッド』

好きな映画の紹介でも。今回はデヴィッド・リンチ衝撃のデビュー作「イレイザーヘッド」 リンチが個人資金を使い、5年もの歳月を費やして完成させた個人制作映画。その悪夢的な内容とサウンドは、一部の映画ファンにカルト的な人気を博し、伝説となった。以…

好きな映画『ブリキの太鼓』

好きな映画の紹介でも。今回はフォルカー・シュレンドルフの「ブリキの太鼓」 戦争が生み出す狂気の中で、少年は成長することを辞め、世界の傍観者と化した。1979年度カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞、アカデミー外国語映画賞を受賞した戦争映画のカルトに…

好きな映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』

好きな映画の紹介でも。今回はロシア映画の巨匠ゲオルギー・ダネリヤの「不思議惑星キン・ザ・ザ」 1986年に公開されるや、ソ連全土で1570万人を動員した驚異のカルト映画。その奇抜な設定と展開に、観た人間誰もが頭と腹を抱えて悶えた問題作。以下はあらす…

好きな映画『ダーク・スター』

好きな映画の紹介でも。今回はジョン・カーペンター笑撃のデビュー作「ダーク・スター」 「ニューヨーク1997」「遊星からの物体X」のジョン・カーペンターが作った、なんちゃってスペースオデッセイ。学生時代に撮影した自主制作映画を長編用に直した本作に…