その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『シャイニング』

f:id:DeadPoetsSociety:20190413024326j:image

好きな映画の紹介でも。今回はスタンリー・キューブリックのホラー映画「シャイニング

ホラー小説界の帝王スティーブン・キングが書いた同名小説を、映画界きっての孤高の帝王キューブリックが監督したという何とも贅沢なコラボレーション。だが、映画内で描かれる解釈の相違を原因に、キングからは大不評をくらったとか。

この映画の見所はといえば、主人公たちが滞在するオーバールック・ホテルの美しさ、そして不気味さに尽きるだろう。キューブリックお得意のシンメトリーや計算された画角の美しさは、ホラー映画であるにも関わらず芸術作品のような美しさを放っている。

f:id:DeadPoetsSociety:20190214131226j:image

しかし、新作を発表するたび観客の横っ腹を抉るような驚きを用意するあのキューブリックにしては、この映画はなんだか無難に仕上げられているというか、ややブラックさに欠けるような印象を受ける。

というのも、その理由は前作「バリー・リンドン」の興行的失敗にあって、手痛い損失で「今後自由に映画を作れなくなるかもしれない」と恐怖を覚えたキューブリックは、本作は絶対に失敗できないと観客ウケを狙ったわかりやすい内容にしたのだという。ホラーという題材を初めて扱ったのも、そういう打算的な理由が関係している。

といった具合で、製作事情に色々と大人の事情が絡んでいた本作であるが、キューブリックの腐心の甲斐もあって映画は無事に大ヒット。見事次作(フルメタル・ジャケット)の製作費の調達に成功するのであった。めでたしめでたし。

シャイニング [Blu-ray]

シャイニング [Blu-ray]