その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『天才マックスの世界』

f:id:DeadPoetsSociety:20190312131416j:image

好きな映画紹介でも。今回はウェス・アンダーソンの長編2作目「天才マックスの世界

90年代を代表する天才監督の一人、ウェス・アンダーソンが送る痛々しくも切ない恋物語。以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20190312131621j:image

ラッシュモア校に通う少年マックスは、人並み外れた才能を持ちながらも落第を繰り返す落ちこぼれ。だがそんな彼が学園の美人教師に恋に落ちたことから、奇想天外なドラマが始まって行く…

f:id:DeadPoetsSociety:20190312133249j:image

巨匠フランシス・フォード・コッポラの甥にして、あのニコラス・ケイジを従兄弟に持つという、純然たる映画の遺伝子をその身に宿すサラブレッド、ジェイソン・シュワルツマンの怪演光る傑作ラブコメ

勉強そっちのけで日々部活やボランティアの活動に心血を注ぐヘンなやつことマックスは、年上の美人教師に恋をしたことがキッカケとなり、元々ギリギリだった学業がますます疎かになっていく。そして、全てを投げ打ち恋にその身を捧げたマックスに待っていたのは、友情の崩壊、失恋、そして退学処分という最悪の結末だった。

f:id:DeadPoetsSociety:20190312133532j:image

この映画最大の魅力は、やはり主人公マックスのダサさ(ピエロぶり)に尽きる。明晰な頭脳を持ちながら、勉強に関してはからっきし。恋愛に関してはもっとダメ。物事を頭の中でしか処理できないオタク気質な少年マックスが周囲に対して空回りし続ける様子は、まるっきりダメな人間の典型で目も当てられないのだが、どうやらこれは監督ウェス・アンダーソン自身の(若き日の)姿が反映されているらしい。

若い頃、ちゃんと勉強したり、青春に汗を流したりしないで、他の「何か」にうつつを抜かして学生時代を送った人間にとって、マックスの姿はダサくて情けなくても、どこか憎めないに違いない。

天才マックスの世界 [DVD]

天才マックスの世界 [DVD]