ある保育士の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『キッズ・リターン』

f:id:DeadPoetsSociety:20190326214830j:image

好きな映画の紹介でも。今回は北野武の「キッズ・リターン

日本映画界最後の天才、北野武が事故後初めて世に送り出した復活作。以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20190326215057j:image

いつもつるんで、学校に行っては問題を起こしていた18歳のマサルとシンジ。ある日、カツアゲした高校生の助っ人にノックアウトされてしまったマサルは、ボクシングに目覚め、ジム通いをはじめる。付き合いでシンジもジムに入門し、ふたりはボクシングの練習に没頭する。ある夜、ヤクザに絡まれたふたりは、若頭に助けられるが、その迫力にマサルは感動する。高校生活も終わり、いつの間にかシンジはボクシング界の逸材に成長していた。だが、ジムにはマサルの姿はなかった……。

デビュー作から一貫して個人の破滅(または消滅)ばかり描いてきた北野武が、初めて主人公を最後まで生かした異色作にして転換期の一作。ボクシングとヤクザ、それぞれ異なる世界で立身出世を夢見る二人の少年シンジとマサルは、奮闘や努力も虚しく、互いに壁に阻まれ大きな挫折を経験する。

北野映画特有の青み、「キタノブルー」を前面に押し出したその画面の色使いは、若者が抱える青春、葛藤、挫折、絶望を巧みに写し出していく。ヤクザ少年マサルが、終盤までは暖色系の服ばかり着ていたのに反し、ラストでは寒色系の服を着ているなど、小物の配置や演出のセンスの良さが光る本作は、1回目よりも寧ろ2回目の鑑賞で感慨深さや発見の感動があることだろう。

ボクシングシーンの迫力や、キャストの演技、そして久石譲のスコアの良さが魅力的な本作だが、映画解説者、淀川長治氏に言わせれば「(ラストシーンで二人が乗るのが)自転車というのが特に秀逸。映画を分かっている」と、自転車というアイテムを選択する監督のセンスの良さを絶賛。実際、この映画のラストシーンは「自転車」以外にあり得ない。自動車や電車であったなら、全く異なる印象を与えていたことだろう。

全ての「終わった人」が観るべき、挫折と苦悩を描いた傑作青春映画。