その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『要塞警察』

f:id:DeadPoetsSociety:20190408120706j:image

好きな映画の紹介でも。今回はジョン・カーペンターの「要塞警察

ハワード・ホークスの西部劇「リオ・ブラボー」を下敷きに、独自のアレンジとホラー要素を加えた籠城映画の傑作。以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20190408121321j:image

ストリートギャングに命を狙われている男が引越し作業中の警察署に逃げ込んできた。武装した追っ手はあっという間に建物を包囲。人員や武器弾薬もわずかな警察署は外部との通信手段も遮断され、孤立無援状態に。警部補のイーサンは獄中の犯罪者ナポレオンと組み、署内に立てこもって敵と戦うが……。

銃に消音装置を装着し、音もなく不気味に忍び寄る謎のストリートギャングたち。それに立ち向かうは、移転作業でたまたま居合わせた警部補、女性事務員、そして囚人の二人。烏合の衆であるはずのこの四人は、壮絶なる修羅場を潜り抜ける内に、次第に犯罪者と警官の垣根を越えた奇妙な連帯感が生まれていき…

カーペンターにとって(商業映画としての)デビュー作となったこの「要塞警察」は、舞台設定を警察署内に絞ることや、テロリスト全員に消音装置を着けさせ火薬の量を最小限に抑えるなど、低予算を逆手に取った秀逸なアイディアが随所で光るアクション映画の傑作だ。劇伴は監督自らが手がけており、不気味な敵と差し迫った状況を、独特の浮遊感漂うシンセサイザーの音がヒリヒリと盛り上げていく。

火急の事態とあっては、例え犯罪者の手であっても借りざるを得ないという状況設定や、謎多きカリスマ、ナポレオン・ウィルソンのキャラクター造形などは、後の傑作「ニューヨーク1997」の原型ともなっている。

無慈悲に子供を撃ち殺し、感情もなく襲い来るテロリストの姿はなかなかに恐ろしく、カーペンターのホラー演出の上手さが際立つものの、外の様子を見に行く順番をジャンケンで決めたり、敵がゾンビのようにモタモタノロノロしていたりと、シュールな笑いどころも本作の魅力の一つなので、是非注目してもらいたい。

要塞警察 アサルト・エディション HDリマスター版 [Blu-ray]

要塞警察 アサルト・エディション HDリマスター版 [Blu-ray]