ある保育士の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『カサブランカ』

f:id:DeadPoetsSociety:20190620133257j:image

好きな映画の紹介でも。今回はマイケル・カーティスの「カサブランカ

アメリカ映画協会 (AFI)が選定する「アメリカ映画の名セリフベスト100」で第5位にランクインした名台詞「君の瞳に乾杯("Here's looking at you, kid.")」も登場する、ラブ・ロマンス映画の古典にして決定版。以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20190620133423j:image

戦火近づく1941年の仏領モロッコカサブランカは、自由を求めて渡米しようとする人々で溢れていた。ナイトクラブを経営するリックの元へ、ナチの手を逃れてここまでやって来た抵抗運動の指導者が現れる。だがその人物の妻は、かつてパリでリックと恋に落ちたイルザだった……。

戦後のハリウッドを象徴する伊達男“ボギー”ことハンフリー・ボガートと、あのロベルト・ロッセリーニと世紀の大スキャンダルを繰り広げた名女優、イングリッド・バーグマン(その娘がかのイザベラ・ロッセリーニ)が共演するラブロマンス映画の名作。

パリで出会い、かつて激しく愛し合った二人の男女リックとイルザは、時を経てモロッコは“カサブランカ”の地で再会を果たす。だが、自分の前から理由も告げず突然消えたイルザに対し、リックはどこまでも冷たい態度で突き放し…

f:id:DeadPoetsSociety:20190620141544j:image

第16回アカデミー賞において、作品賞・監督賞・脚色賞の3部門に輝き、今なお名作として語り継がれる本作だが、この映画が製作された当時、撮影が始まった段階では物語にどう決着をつけるか全く見通しが立っておらず、バーグマン演じるイルザが、かつての男であるリックと、現在の男であるラズロと、最終的にどちらを選ぶのかすら決まっていなかったという。

そもそもこの映画は、第二次大戦に対してそれまで静観の姿勢を保っていたアメリカが「自分たちも動くべきだ」と、戦意を高揚させるために作られたプロパガンダ映画で、41年に起こった真珠湾攻撃をキッカケに、見切り発車的に製作にゴーサインが出た本作は、「リックというアメリカ人の男の店に様々な国の人々が訪れる」というざっくりとしたこと以外、特に決められずに撮影が開始されてしまった。

そんな行き当たりばったりなこともあってか、脚本家の数は最終的には7人にまで及び、キャラクターの心情や後の展開はその場の判断で乗り切り、加えてセリフも役者のアドリブが飛び交うことで、スタッフ・キャスト共にほとんど即興のような作り方で映画は完成した。

公開前は関係者の誰もが映画がコケることを確信し、主演のバーグマンに至っては、「失敗作だから見たくない」と、公開後33年に渡って本作を観ることを避けていたのだが、蓋を開けてみればアメリカ史に残る傑作として、数々の名台詞・名シーンと共にその後の映画文化に大きな影響を与えた。

晩年、ロサンゼルスでの講演に招聘されたバーグマンは、完成後33年ぶりに本作を見直した際、「こんなにいい映画だと思わなかった」と本作の評価を改めたという。

ワーナー・ブラザースを象徴する代表作となった本作の劇中歌「As Time Goes By」のメロディは、その後ワーナー作品OPのバックミュージックとして使われた。

f:id:DeadPoetsSociety:20190620153409j:image

余談ではあるが、この映画の状況設定はデイミアン・チャゼルの「ラ・ラ・ランド」に大きな影響を与えていて、気持ちは通じながらも別の道を歩む二人や、ジャズバーを経営する主人公の姿など、本作にオマージュを捧げた要素がいくつか登場する。

カサブランカ [Blu-ray]

カサブランカ [Blu-ray]