その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『崖の上のポニョ』

f:id:DeadPoetsSociety:20190703135618j:image

好きな映画の紹介でも。今回は宮崎駿監督の「崖の上のポニョ

大橋のぞみと藤岡藤巻が「ポニョポニョ」可愛く歌い上げる例の主題歌が有名なファンタジーアニメ。以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20190703135611j:image

5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で暮らしていた。市街地から外れた彼の家の周囲には何もさえぎるものはなく、ただただ青く美しい海と空が広がっている。仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことでその寂しさも忘れ、やがて2人は強いきずなで結ばれていく。

となりのトトロに次ぐ、自然と子供をテーマに置いたファンタジー作品。キャッチーで分かりやすい曲を主題歌に据えたり、エンドロールの一部を平仮名で書いたりと、徹底して子供に向けた映画として作られているこのポニョだが、その内容に関しては、「一体何をテーマにした映画なのかよく分からない」との声も出る不思議な作品だ。

f:id:DeadPoetsSociety:20190703163248j:image

崖の上の家に住む少年宗介と母のリサ。一見仲睦まじく、互いに信頼を置く理想の家族像が垣間見えるこの二人だが、その関係性、というより、宗介に接するリサの姿は、一見思いやりがあるように見えて、その実どこか釈然としない不穏な「何か」を常に匂わせる。

見ている側がリサに違和感を感じる最初のキッカケは、宗介を保育園に送る際に港町を車で爆走する姿だ。「アニメだから」「そういうキャラクターだから」で説明がつかない事もないものの、幼い子供(5歳児)を同乗させた状態であそこまでスピードを出すのは、常識的に考えればかなり危険な行為であるし、それがキャラクター性の付与であるとしたら、あそこまで長尺を割いて運転シーンを描く必要もない。

f:id:DeadPoetsSociety:20190703163535j:image

ではなぜリサがああいった事をするのかといえば、その理由は単に「そういう(子供に自分の都合を押し付けてしまう)ことを平気でやってしまえる“ダメな親”だから」であり、その”ダメ“な部分は、嵐の夜に子供を一人(ポニョもいるが)家に置いて出て行ってしまう姿からも見て取ることができる。

f:id:DeadPoetsSociety:20190703172327j:image

ダメな大人は何もリサだけではなく、宗介の父・耕一にしても、家事や子育ての全てを共働きの妻に押し付け、自分は一人仕事に専念するのだから、とても良き夫・良き父の姿とは言い難いだろう。そして、恐らくはそういった負担の押し付けこそが、リサにストレスを与え、危険運転をさせるキッカケを与えているであろうことは、ベランダから船に向かって打たれたモールス信号の「BAKA(バカ)」の連打を見れば想像に難くない。

f:id:DeadPoetsSociety:20190703174519j:image

そして、ダメな大人はまだ他にもいて、それはポニョの父親である”フジモト“だ。元人間であり、海の底で無垢なポニョや妹たちを囲って、外に出そうとしない姿はどう見ても毒親のそれで、そんなフジモトに対してポニョは言うこと成すこと全てに反抗していく。

なぜここまで徹底して“ダメな大人(というか親)”ばかりを登場させるのかといえば、それは宮崎駿にとって、自分より下の世代の大人たちは、仕事にかまけてろくに子育てが出来ない“ダメな世代”という考えが根底にあるからで、この「今時の大人はダメ理論」は、前々作である「千と千尋の神隠し」においても、親=豚という形で露骨に描かれている。

f:id:DeadPoetsSociety:20190703180620j:image

本作はその終盤において、大量の水(津波)によって全ての世界が一変するという「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」を思わせる要素が登場するが、これはミスリードで、その実描いているのは「未来少年コナン」で描いた終末世界のやり直しだ。

f:id:DeadPoetsSociety:20190703181301j:image

未来少年コナンは、核兵器以上の威力を持つ「超磁力兵器」が用いられたことで、最終戦争が勃発し、多くの都市が海中に没した世界の話で、コナンをはじめ、そこで生きる若者達は、大人の力を借りずに自分たちの力で懸命に生きようとする。ここでも描かれているのは、それまでの大人たちが築いてきた社会が“失敗した”姿であり、OPでは生き生きとしたコナンが、ヒロインラナと共に生まれ変わった新しい世界(海)を楽しそうに航海している姿が映し出される。

f:id:DeadPoetsSociety:20190703180405j:image

話をポニョに戻していくと、津波によって生まれ変わった新たな世界で冒険するポニョと宗介は、フジモトの手を逃れながら目的地へと向かって行く。そこに(文字通り)手を差し伸べるのが、親であるリサでも耕一でもなく、老人ホームの老女トキというのは、これは要するに「あなた達(親世代)には何も期待してない」という宮崎駿なりの皮肉と苦言だろう。

冒頭でこの映画を“子供に向けた映画”と説明したが、親世代のダメ描写を前面に押し出し、「大人(親)に期待しちゃいかん」という裏メッセージを潜めたその作風は、真の意味での“子供向け”と呼ぶに相応しいのかもしれない。

崖の上のポニョ [Blu-ray]

崖の上のポニョ [Blu-ray]