その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『トゥモロー・ワールド』

f:id:DeadPoetsSociety:20190816211230j:image

好きな映画の紹介でも。今回はアルフォンソ・キュアロン監督の「トゥモロー・ワールド

アカデミー賞受賞作「ゼロ・グラビティ」で見せた驚異の長回しの原点。逼塞し、滅亡の兆しが見えても尚、争いを辞めない人類たちの終わりと始まりの物語。以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20190816211624j:image

西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いていた。このままでは人類絶滅の危機は免れないとされる中、国家運営の仕事に就く男テオは、人類存続に関係する重要な情報を握り始める。人類の未来はおろか、自分の将来でさえ興味を示さないテオだったが……。

メキシコ出身フィルムメーカーの一人として、盟友アレハンドロ・イニャリトゥ、ギレルモ・デル・トロと共に、アカデミー作品賞を受賞した経歴を持ち、近年熱い注目を集める中堅作家アルフォンソ・キュアロン監督のディストピアSF。

西暦2027年の近未来、原因不明の病によって世界中で出生率が0%になった地球では、子供が生まれない絶望感から社会が機能を停止し、経済や文明が滅びの一途を辿っていた。ヨーロッパで唯一崩壊から免れた先進国イギリスでは、日々近隣からの不法移民が雪崩れ込み、人権や自由を巡って街中ではテロが発生していた。人類全体が存続の危機に立たされる中、活動家としての過去を持つ役人テオは、ある一人の少女を国外へ亡命させるようかつての仲間から手助けを求められる。だが、その少女は驚くべきことに“妊娠”していて…

f:id:DeadPoetsSociety:20190817221440j:image

映画の随所で使用される、ワンカット撮影を用いた“長回し”撮影が特徴的な本作は、本編の中において「なぜ子供が生まれないのか」「あの人物はその後どうなったのか」といった、鑑賞しているうちに感じるであろう多くの疑問にあえて答えず、様々な要素を曖昧にしている。

そのため、ハードかつリアルな描写が多々あるSF作品にしては、やや寓話的な構造が散見されるこの作品だが、世界の全容が明かされないことで、観客は次第に主人公のテオと自分が同じ視点に立たされていることに気づく。まるで自分がその場にいるかのような錯覚に陥る驚異の映像体験は、映画終盤の市街戦における6分16秒に渡る長回しシークエンスでピークを迎える。この6分間だけでも映画を観る価値は充分すぎるほどにあるので、未見の人は出来るだけ大きなモニターで鑑賞してほしい。

f:id:DeadPoetsSociety:20190817231201j:image

子供がいなくなった世界では、たった一人の赤ん坊が神や奇跡と崇められ、人々の希望や信仰に変わっていく。翻って、有史以来最も人口が増大した現代社会においては、冷戦終結後から10年間で、戦争や紛争で死亡した児童の数は全世界で200万人を超えるという。その戦争で家や親をなくし、路上で暮らすことを余儀なくされた子供(ストリートチルドレン)の数は1億人以上に登り、その内年間100万人に登る児童が性産業で働かされる。

自分の国の利益や雇用を第一優先に考える大国、国交を断絶し半ば鎖国を決め込む先進国。作中で描かれた「自分さえ良ければそれでいい」という未来のイギリスの姿は、公開から13年が経った今、あちこちで現実になろうとしている。その先に待ち受けるのは、明るい未来か、はたまた滅亡か…。