その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『キッド』

f:id:DeadPoetsSociety:20191030002226j:image

好きな映画の紹介でも。今回は喜劇王チャップリン初の長編作品「キッド

放浪者チャーリー、そして捨て子の男の子キッド。貧しくも温かい、二人の愛と絆の物語。以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20191030002424j:image

ある日、いつもの様に街を散歩していたチャーリーの耳に赤ん坊の泣き声が聞こえてきた。辺りを見回すとまだ生まれたばかりの赤ん坊が街頭に捨てられている。どうしたものかと抱き上げた彼の目の前に、パトロール中の警官が通りかかった。仕方なく彼は、その赤ん坊を自分のボロ・アパートに連れて帰り、それから5年後、その子はチャーリーの仕事を手伝う程に成長していた。

サイレントの王様チャップリンが、短編時代を終えた後初めて撮った長編にして代表作。チャップリン映画お馴染みドタバタ喜劇のコメディパートに加えて、思わず胸を打つ放浪者チャーリーとキッドの血を超えた親子の絆。

チャップリンの相手役を務めるキッドことジャッキー・クーガンの天才的な演技と、養護施設をたらい回しにされ、一時は路上生活すら経験したチャップリンのリアルな極貧描写が光るそのストーリーは、映画史上初めて悲劇と喜劇が融合した物語として注目を集め、世界中でヒットを飛ばしチャップリンの長編デビューを華々しく飾った。

f:id:DeadPoetsSociety:20191030183645j:image

捨て子であるキッドにはモデルとなった人物がいて、それは最初の妻ミルドレッドとの間に授かった第一子だ。当時10代の未成年であったミルドレッドとの間に生まれたその子供は、先天性の疾患があったことで産後間もなく死亡し、そのことにチャップリンは大きなショックを受けたという。

元々結婚自体、未成年を妊娠させたことに対する“ケジメ”でしかなく、妻との間に心通わせる愛の交流を見出せなかったチャップリンは、子供が死亡した後に離婚調停を行う。この離婚がきっかけで一時は「キッド」のフィルムや著作権を危うく押収されかけるのだが、映画を何としても守り抜こうと必死になった彼は、アメリカ各地を逃げ続け、逃亡先を転々としながら何とかフィルムの編集を終えたという。

初共演作である短編「一日の行楽」でその天才ぶりを惚れ込まれ、二度目のキッドでは主役級の扱いをもって世界にその名が知れ渡ったクーガンだが、その栄光は決して良いことばかりとはいえず、彼がキッドで稼いだ300万ドルもの報酬は、両親によって全て浪費されるという悲劇に見舞われる。この時に行われた裁判によって、子役が稼いだ収益の一部を子役自身のために残すことを義務つけた法律“クーガン法”が生まれた。

古今東西、有名子役はオトナとメディアに翻弄される運命にあるのだった。

キッド The Kid [Blu-ray]

キッド The Kid [Blu-ray]