その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『鬼畜』

f:id:DeadPoetsSociety:20191112230720j:image

好きな映画の紹介でも。今回は松本清張原作、野村芳太郎監督の残酷映画「鬼畜

星になった弟、たぶん金持ちに拾われた妹。でも、自分だけは父から決して離れない。離れられない…以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20191112231412j:image

印刷屋を営む竹下宗吉と妻のお梅。ある日、宗吉の愛人が3人の隠し子を宗吉に押し付けて失踪した。妻のお梅は子どもたちに辛く当たり、やがて、末っ子の赤ん坊が不慮の事故で死んでしまう。お梅が故意に仕組んだと察した宗吉は残る2人も何とかしなければと追い詰められて行き……。

長編デビュー作「張込み」から続く、原作松本清張×監督野村芳太郎五度目のタッグ。本作「鬼畜」は、人間の心理に潜む闇、そして社会が内包する病みに焦点を当てた、幽霊・怪物不在のホラー作品、もしくは、スプラッターを用いない残酷映画である。

f:id:DeadPoetsSociety:20191113182534j:image

失踪した愛人から突然押し付けられた三人の子供たち、責任能力に欠けた父親、そして鬼嫁。子供を疎ましく思う父親が、連れ子の子供と修羅場を繰り広げる問題作「影の車」や、伝染病で引き裂かれた親子の関係を描いた「砂の器」など、毎度社会のタブーに果敢に切り込む野村芳太郎監督が此度扱うテーマはずばり「子殺し」

73年に多発した「コインロッカーベイビー事件」を切っ掛けに、世間的にようやく認知され始めた子殺し(虐待)の実態と悲しみ。本作は、無責任な父親宗吉と、冷酷な鬼嫁お梅が共謀して児童を遺棄する姿を描いた問題作かつトラウマ映画で、観るものは宗吉・お梅夫婦の鬼畜な行いを側から見守る、ある種共犯者的な目線を強いられることになる。

この映画が何より残酷なのは、主人公宗吉が完全無血な悪人ではなく、一握りの良心を備えた一般市民だということ。子供に対して罪悪感を感じながらも、それでも置き去りにする場面はあまりに恐ろしく、トラウマ度で言えばある意味どんなホラー映画を遥かに凌ぐ。

f:id:DeadPoetsSociety:20191113190747j:image

子供に対して、少しでも疎ましさを感じた大人であれば、見て後悔すること間違いなしなトラウマホラー映画。

鬼畜―松本清張短編全集〈07〉 (光文社文庫)

鬼畜―松本清張短編全集〈07〉 (光文社文庫)