その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『ファンタスティック・プラネット』

f:id:DeadPoetsSociety:20191115005127j:image

好きな映画の紹介でも。今回はフランスの鬼才ルネ・ラルーの代表作「ファンタスティック・プラネット

ステファン・ウルのSF小説「オム族がいっぱい」をベースに、独特すぎて毒々しい要素満載で観客の度肝を抜いたディストピア作品。以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20191115005700j:image

惑星イガム。小さなオム族は青色の巨人ドラーグ人から奴隷のように扱われ生きていた。母と引き離された少年テールは、ドラーグ人の娘ティバに拾われ、彼女の元でペットとして成長する。テールは次第に知恵をつけ、ある日ティバの元から脱走するが…。

メビウスと組んだ話題作「時の支配者」の前作であるこのファンタスティック・プラネットは、短編時代からタッグを組む相棒的存在ローラン・トポールによる残酷かつシュールな作画描写が目立つ問題作だ。

f:id:DeadPoetsSociety:20191115191709j:image

背景画の上に切り抜いた人物絵の紙を載せて撮影する、いわゆる切り絵アニメとして作られた本作は、普通のセルアニメとは異なり、絵具や色鉛筆でキャラクターを描き、それらを切り抜いて背景の上で一つ一動かすといった、非常に手間のかかる作業で作られていて、その製作期間には実に4年もの歳月が費やされている(途中、プラハ進行による混乱で製作がストップした期間も含む)。

この映画の見所はなんといってもその絵面の強烈さや、巨人族が圧倒的な体格差、科学力でもって人類を駆逐する、全く容赦の感じられないストーリーの残忍さに尽きるのだが、それまでラルーがトポールと組んで作ってきた短編を見れば、実はこれでも若干マイルドになっていることが分かる(詳しくは後述)。

作画担当のトポールは本作の製作中、意見の相違(一説では周囲の人間に降りるよう説得されたとも)を理由に作品を途中降板していて、その影響も多少あったのか、それまでの短編に比べてブラックユーモア具合は鳴りを潜めて、替わりにラルーの持つポップさ、サイケデリック具合が映画全体に漂っている。

f:id:DeadPoetsSociety:20191115134422j:image

したがってこの映画はビジュアルこそトポールなものの、どちらかといえばラルーの映画という認識で間違いないだろう。だが、トポールが残した醜悪で印象的なクリーチャーデザインや、無気味で退廃的な背景などは実にインパクトに富んでいて、後世の作品…とりわけ日本の漫画作品にも大きな影響を与えている。

宮崎駿の「風の谷のナウシカ」におけるクリーチャーデザイン、諫山創の「進撃の巨人」で繰り広げられる巨人と人類の対立構図など、この作品から影響を受けたクリエイターは数多い。

f:id:DeadPoetsSociety:20191115192752j:image

ちなみに、ラルーは本作を作るにあたって「ラブレーから影響を受けている」と生前インタビューで語っていて、ラブレーとは16世紀に「パンダグリュエルとガルガンチュア」という巨人を話の主軸に据えた、グロテスク&ナンセンスな物語を書いたフランスの童話作家のことだ。ラブレーが書いたこの物語は、フランス人にとって日本の桃太郎くらいに馴染み深い作品であるらしく、少なくともフランス人から見れば、本作の内容はそこまで突飛で突然変異的なものには映らないとか、やっぱりそんなことはないとか。

 

おまけ

トポール×ラルーの短編作品「死の時間」

同じく「かたつむり」

【予告】