その辺の趣味ブログ

主に映画の話しかしません。

好きな映画『砂丘』

f:id:DeadPoetsSociety:20200426235410j:image

好きな映画の紹介でも。今回はミケランジェロ・アントニオーニの「砂丘

見渡す限りの砂の大地。そこに降り立つ二人の男女。愛と平和、消費と暴力。果てしない渇きの先にあるものは…以下はあらすじ。

f:id:DeadPoetsSociety:20200426235605j:image

大学紛争に介入した警官を射殺して逃亡した男がいた。彼は小形飛行機を駆って、砂漠へと逃げる。そして砂丘の真ん中で彼は一人の女性と出会い、つかの間の愛をかわすが……。

近代化の到来によって、あらゆる意味で変わり果てた祖国イタリアの人々や、街の姿を描き続けてきたアントニオーニ。前作「欲望」では、イギリスの無軌道な若者文化に焦点を当て、消費社会の馬鹿馬鹿しさをシュールに描いていたのだが、今度の舞台はアメリカである。

カリフォルニア州はデスバレーに存在する広大な砂丘で出会う二人の男女。何もない死の谷で、ふたりぼっちで愛を交わすその姿は、砂に塗れて渇いている。一方、二人の姿と交錯する形でインサートされる資本家たちは、ひたすら開発競争ばかりに頭を使い、ゲームでもしているように広大な森林を伐採し、富と権力を獲得していく。

ヒッピームーブメント、ブランド社会、開発競争、学生運動、そして戦争。あらゆる競争(闘争)行為が正当化され、大事な何かが犠牲になる中、今日も社会は際限なき成長を続け、愛や絆、そして「生活」は商品と化す。果てしなき渇きだけが広がりつづけるアメリカの大地で、持たざる若者同士が愛し合うことの虚しさ、切なさ。新海誠は「天気の子」において、消費社会の悲しさ・不毛さを「雨」で表現していたが、この映画では砂や大地がまさしくそれだ。

f:id:DeadPoetsSociety:20200427005230j:image

見る者にひたすら「渇き」を提供するこの映画だが、そのオチはなかなかに爽快というか、もはや笑ってしまうくらいに「凄い」ので、必見である。

 

砂丘 [DVD]

砂丘 [DVD]

  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: DVD